ホーム > ご案内 > 卒業生 合格作文

卒業生 合格作文・合格実績

卒業生 合格作文 
川越高校合格

悠学舎をお勧めします
ークラブチームとの両立も大丈夫ー 
新座第六中学校卒 石原八雲君


自分はサッカーのクラブチームに所属しており正式な引退が受験後の三月だったため夏休みや年明けもチームの練習がありました。そのため、いかに時間を作って効率的な勉強を行えるかが合格のカギであり、入試レベルの問題に対応した授業や自分の苦手教科の対策を行える悠学舎の存在が必要不可欠でした。
自分が受験した県立川越高校は学校選択問題の対象校なので数学が苦手だった僕はかなり苦労しました。しかしいつでも質問でき納得のいくまで解説をしてくれる塾の環境のおかげで苦手ながらも得点を伸ばすことができました。合格発表後に自分の得点を見ると予想よりも数学の得点率が高く、苦手な数学が合格を引き寄せてくれたのだと実感しています。
悠学舎は高校の先生からも重要だと言われる授業→演習→解説→復習の流れ、その質が秀でており着実に成績を伸ばすことができました。また英検対策や小論文講座なども充実しています。特に小論文は高校から出される長文要約や本の批評文を書く時などにも非常に役立っています。 高校入試では当日点同様内申点も重要視されます。内申点向上には定期テストが大切です。自分は一人で集中して勉強したかったのでテスト期間はいつも塾の自習室を利用していました。塾に行けば自然と勉強のスイッチが入るようになり、三年次の総合評定はオール五、二学期の期末テストでは学年一位を取ることができました。いつでも自主勉強ができる環境はとてもありがたかったです。
塾に行く利点は集中して勉強する時間を確保することでもありますが、一番は問題の傾向や教科書には載っていない別解など「多くの情報を知れること」です。それらの情報は合格に近づく大きな武器となりますが自主学習で手に入れることはかなり難しいです。ただ必死に勉強し続けることを大切ですが、自分にとって有益な情報を手に入れ正しい対策を取ることも重要なことです。改めて悠学舎を選んで良かったと感じています。

*石原君は小6から中3の最後まで悠学舎に通い、私立川越東高校と県立川越高校に合格しました。

合格実績

2019年後の合格実績です。


都立高校
小金井北、多摩科技

県公立高校
川越(2)、川越女子、所沢北(普)、和光国際(普)、所沢、松山、常盤、所沢西、市立川越、朝霞、朝霞西など

私立高校
錦城、淑徳与野、川越東(3)、星野(2)、淑徳、狭山ヶ丘、獨協埼玉、東京電機大附、東京農大三、山村学園(2)、大東文化、細田学園(3)、西武台(2)、駿台学園、叡明、錦城学園など

国公立大学
埼玉大(教育)
私立大学

上智(法)、上智(総合)、立教(法)、法政(法)、成蹊(法)、武蔵(社会)、成城(法)、東洋(文)、駒澤(法)、駒澤(経済)、文教(教育)、武蔵野(教育)、昭和(薬)、共立女子(看護)、専修(ネット)、東京電機(理工)、東京農業(応用生物)、獨協(経済)など

お知らせ

  • 秋学期入会キャンペーン開始 
  • 第二回漢字検定 準会場 実施日 10月23日(土) 
  • 第二回英語検定 準会場 実施日 10月9日(土) 
  • 安心メール開始 生徒の入退室の様子を写真付きでお知らせします。
  • 夏期講習会受付開始 
  • 第一回英語検定 準会場 実施日 5月23日 
  • 春学期授業開始日 4月9日(金)から 
  • 川越女子・和光国際合格 悠学舎 合格実績 
  • 悠学舎東久留米校は新規移転開校致しました。
  • 早大本庄/立教新座 合格! 私立高校の合格実績の続報を掲載しています。

ページの先頭へ戻る